よくあるご質問

q1 土地活用の種類にはどんなものがありますか?

都市計画(用途地域)によって建てられる物が制限されますが、大きく以下の4つが挙げられます。

  1. アパート・マンション経営
  2. テナント誘致による建て貸し
  3. 土地貸し(普通借地・定期借地)
  4. 駐車場経営

それぞれについて、事業収益性・節税効果・期間リスク・テナントリスクなどが異なります。
まずは、土地の特性を詳しく調査した上で、収益とリスクを踏まえた土地活用のご提案を致します。

q1

現在空家がありますが、問題ありませんか?

問題ありません。
しかし、基本的には更地の活用をお勧めしているので、お客様に取り壊しをお願いする場合もございます。

取り壊せない特別な理由がある場合は、一度、お気軽にご相談下さい。

q1 貸した土地は本当に戻ってきますか?

ご心配いりません。確実に戻ってきます。
以前の法律は、建物を建てる前提で貸した土地は明確な理由が無い限り、半永久的に戻ってきませんでした。
しかし平成4年に施行された法律では、契約期間の設定を行う事で確実に戻ってきます。

q1 コンビニや駐車場よりもアパート経営の方が利益がでるのでは・・・?

単純な賃料という面だけで言えば、アパート経営の方が利益があることもあります。
しかし、アパート経営には建築費など莫大な資金が必要になり、銀行からの借入が必要となってきます。
また、空き室や修繕費なども発生するためオーナー様へ大きななリスクが伴います。
オーナー様へのハイリスクな提案だけではなく、市場調査などを行った上で、様々な活用をご提案しております。

q1 土地の大きさや形状に制限がありますか?

基本的にはありません。大きさや形状によってその土地にあったご提案をいたします。
目安として30坪~100坪はアパート、マンションなど、350坪~500坪はコンビニ、500坪~1000坪はガソリンスタンド、
10,000坪以上は太陽光発電所などがあります。

q1 現場視察をお願いしたいのですが費用は掛かりますか?

現場視察に関する費用は一切掛かりません。
しかし、不動産鑑定には鑑定料がかかります。
視察にはどこへでもお伺いいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。


Copyright(c) 2013 MMコンサルタント. All Rights Reserved.

↑ページの先頭へ戻る